クラウドファンディングとは

最近耳にするようになっている言葉として、クラウドファンディングがあります。クラウドファンディングとは、特定のプロジェクトを成功させるための資金を募るサービスのことを指します。最も特徴的なのが、不特定多数の一般人に対して資金を募るという点です。また、インターネットを媒介とするのでプロジェクトをアピールし易いというのも特徴の1つです。

クラウドファンディングで資金を募る時の流れ

グラフ

プロジェクトの設定

クラウドファンディングで資金調達を行なうためには、まず資金を必要とするプロジェクトの立案が必要です。どのようなプロジェクトを立ち上げるのか、プロジェクトを成功させるためにはどの程度の資金が必要なのか、プロジェクトを成功させることで資金を出した人にどのようなメリットがあるのかなどを明確にしましょう。

クラウドファンディングサービスの選択

プロジェクトが固まったら、クラウドファンディングサービスを提供する会社を選択する段階に入ります。クラウドファンディングサービスと一言でいっても、寄付型、購入型、投資型、融資型といった種類に分かれるので、自分のプロジェクトにはどのタイプを選べば良いのかよくよく検討しましょう。

プロジェクトの登録

利用する会社が決まったら、まずはプロジェクトの登録を行ないましょう。プロジェクトを登録する際には、大勢の共感を得られるような内容に仕上げる努力が必要です。一般的にプロジェクト名やプロジェクトの分野、プロジェクトの概要、資金調達の目標額、投資してくれた人へのリターンなどを記述するので、投資したくなるような書き方を心がけましょう。

運営会社による審査

プロジェクトの登録は全てが認められるわけではありません。運営側から問題のないプロジェクトなのかを審査されます。運営側からプロジェクトの登録が認められないケースとしては、犯罪を誘発するような内容や社会的に問題が生じるようなものがあります。そのようなトラブルになり得る登録内容になっていないか、しっかりと確認することが大切です。

プロジェクトの発動

運営側の審査も通過したなら、いよいよ資金調達運動のスタートです。資金集めをしているプロジェクトのアピールを知人や友人、関連会社などに積極的に行ないましょう。クラウドファンディングサービスでは通常、目標額に到達するまでの期限が設定されているので、目標到達までにどの程度のペースで資金集めが必要なのかを計算しておくと良いです。

クラウドファンディングが注目される理由【資金調達の効率化】

グラフ

クラウドファンディングを成功させるコツ

クラウドファンディングを成功させるためには、クラウドファンディング実績のある運営会社を選ぶことが大切です。なぜなら、成功実績の多い会社であれば、資金集めを成功させるためのアドバイスも積極的に与えてくれるからです。プロジェクトのおおまかなイメージしかないという場合でも、プロジェクトの具体的な流れや資金調達計画の立案など、クラウドファンディングを総合的にサポートしてくれる運営会社を選ぶと安心です。

広告募集中